いろんな意味で考えさせられたナショナルパーク

2017.04.21.23:20

先日、旦那の遠い親戚一団とラ・セレナから日帰りで行けるナショナルパークに行ってきました。

ナショナルパークは「Fray Jorge(フライ・ホルへ)」と言われる場所です。
今までチリで観光地のような場所にほとんど行ったことがなかったので旅行らしい旅行。
親戚一団は車一台に大人4人、子ども2人、ウチは旦那の会社の車に私と旦那、娘の3人で行きました。

まず、このナショナルパークに行くのならとにかくナショナルパークへ行く前にガソリンを満タンにしていくことをおすすめします。
だってフライ・ホルへの近くにガソリンスタンドなんてないんですから。
じゃあ、近くの町は?ってことになるけど、近くの町にもそれらしきものはみあたらず。
高速道路に入る前にガソリン満タンにしておかないと大変なことになるかもしれません。

まず、驚いたのが(最初から驚かせてくれます)入園料。
チリ人大人3000ペソ、チリ人子ども1500ペソ。
外国人大人6000ペソ、外国人子ども3000ペソ。
2倍ってやりすぎじゃない?

基本的にこのナショナルパーク、1日に入場できる車の数を40台までとしているそうです。
ですが、私達が行った日、すでに入場している車の数は40台を超えていたとか。
その日は例外だったのでしょうか、それともいつも例外が適用されているのでしょうか。

まず入り口で車両登録をして、人数分の入園料を支払います。
もちろん私は知らない顔をして娘の面倒を見るフリをして旦那にチリ人2名の入園料を払ってもらいました。
私と旦那が英語で話をしていると、親戚が「静かに!」外国人ってわかったら2倍の入園料をとられるって」と冗談交じりに警告。
私達は無事チリ人大人2人分の入園料を支払って車でナショナルパークの中へ。

こういった場所って私は自然を堪能しながら、珍しい植物やみなれない動物などを楽しみながら中へ入っていくもんだと思い込んでいました。
なんですが、そんな余裕なんてまったくない

なんでかって?

どの車も生き残りをかけて必死だからです。

大げさと思いますか?

その観光地を訪れる人はおおよそ予測してはいないだろう道の悪さ。
しかも急な坂道を車であがっていくわけです。
私は車のことは詳しくないのですが、普通車で上がっていくとマニュアル車のギア2でかろうじて上がっていけるといった感じ。
というか、頂上までギア2しか使ってなかった気がする。
誰も4WDの車で観光にはきていません。
さらに言うのなら、親戚の車途中坂道をあがれなくなって車のタイヤが空回り。
あたりに砂を撒き散らし数分格闘。
少しバックして登る位置をずらしてなんとか危機を脱しました。
それが3回くらいありました。

これは後から聞いた話ですが、その格闘する車の中。
ひいおばあちゃんは車が動かないことに危機を感じて突然車の中で神様に祈りだしたとか。
普通に考えて車体が重いわけだし車から降りて車押したほうが確実では?なんてつっこんでしまいそうになりましたが。
で、突然祈りだしたひいおばあちゃんの態度に恐怖を感じた女の子は車の中で泣き出す。
一台の車の中で起こった事件です。
なんと言うか、地獄絵図?

その後車が無事動き出しても女の子はしばらく泣き止まなかったそうです。

終始そんな感じ。
だから正直、頂上に無事生きてたどり着くまでドライバーはもちろん、ただ車に乗っている人でさえリラックスすることは不可能です。
道中、珍しい植物などもあったはずなのに頂上にたどり着くまでの間、何を見たかなんて覚えていない。
見たものと言えば、前の車が巻き上げる砂埃くらい?
恐るべし、ナショナルパーク。

ですが、頂上までたどり着くとやっぱりナショナルパークって感じで楽しむことができました。
トレッキングコースもそれほど長くないので子ども連れ、お年寄り連れで十分楽しめる感じです。
4歳前の娘でも1人で最後まで歩けたので家族連れにいいかもしれません。

行く人がいるのかどうかはわかりませんが、もしこの「Fray Jorge」に行くのならガソリン満タン、できれば4WDの車で行くことを強くおすすめします。

ちなみに、頂上から車で降りていくときに道中、車が2台坂道で故障して動けなくなっているのを発見。
みたところものすごく古い車ではなさそうでした。
もちろん、ナショナルパークのスタッフは故障した車をレスキューするような設備は整えていません。
自分でレッカー呼んで、帰りの車も手配しなければなりません。
というか、道が狭いんでレッカーも呼べるのかどうか……。
とにかく何の装備もない普通車で行くことはおすすめできない場所です。

久々に別の意味でいい経験ができた旅行でした。

それでは
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

victoria0501

Author:victoria0501
大学卒業後、3年会社勤め。その生活に嫌気がさし1年のつもりでオーストラリアへ現実逃避の旅に。そのままオーストラリア、ニュージーランドをフラフラし現在の旦那と出会う。妊娠が発覚し、2013年2月にチリへ移住。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR